桜井産業の技術紹介



先代から継承するロウ付けバイトの技術

より精密でより複雑になっている加工に対応するには、より付加価値の高いバイトを製作しなくてはなりません。高度経済成長の頃、ステンレスをうまく削れる刃物(バイト)などほとんど存在しませんでした。今から考えると想像もつかないとは思いますが、当社も当時はステンレス用(現在の「1Z」)のバイトを販売をしておりませんでした。しかし、様々な企業がステンレス加工への取り組みから、需要は今後増加すると考え、ステンレスの切削条件を出す為に、何千、何万ものテストカットを行いデータを取りステンレス用チップ1Zのバイトが生まれたのです。その後、ステンレス用のバイトとして、瞬く間に日本中から注目浴びました。そして今大手切削工具メーカーもステンレス用のバイトを取り扱っております。また、硫黄快削鋼用のチップである22も同じく、日本の加工屋の8割が使用しうまく削れていないという状況から、1Z同様のテストを行い快削用の「22」のバイトが生まれたのです。現在はより精密なもの、そして付加価値の高い製品を提供する為、単結晶ダイヤなどの製品などをトップに喜ばれる製品をつくりつづけております。

・ 被削材とチップ材種について



日本の技術を伝えたい

NC旋盤、マシニングセンター、など量産による生産ラインが増えた事によって、若い世代はモノを加工するという感覚よりも、パネルを操作している感覚ではないでしょうか。 自動化されたラインは、もともと人の手で作り上げてきた物がオートメーション化しただけです。汎用機から自動機に変わっても古き良き品質(継承されてきた技術や条件)と、なぜ選ばれてきた理由があります。

 切削工具メーカーとして、φ・回転数・送り・切削条件になどの専門的なご質問から、バイトとは?汎用旋盤とNC自動旋盤の違いなど、初歩的なご質問まで丁寧に対応しております。当社は流通機構を大切に商社様からユーザー様まで幅広く、お互いが専門的な分野の企業であれば問題ないのですが、その業界では当たり前の事を違う分野の人間はまったく知らないということが実際多々あります。『聞くのは一時の恥、聞かずは一生の恥』と言いますが、わからない、理解できない事がございましたら当社までご連絡ください。


責任を持ってお応えいたします。また、これがあゆみよりになり技術向上に繋がり日本の製造業が盛り上がればと考えております。



ロウ付けバイトと言えば「桜井産業」

桜井産業の商標「グランドローヤル」のオレンジ色の箱のロウ付けバイト、町工場では「オレンジバイト」という愛称で使われています。これらは、先代の桜井貞二郎が考案し、「良い商品は、良い製品を生み出す」をモットーに今も守り続けています。